ご予約・お問い合わせ reservation

敦賀産 若狭ふぐ/Fugu 「なかい」が真心こめて育てました。

敦賀産 若狭ふぐ

敦賀産、若狭ふぐがおいしい理由は…。

ここ敦賀はトラフグ養殖の最北端であり、
寒暖の差が激しい若狭の海で冬を越すことが若狭ふぐ(敦賀ふぐ)のおいしさの秘密です。
低い水温の冬を越すことで、トラフグたちも栄養と蓄えようと
身がギュッと引き締まり、旨味ものってきます。

トラフグは大変デリケートな魚で病気になりやすいので、
様子を見ながら飼料の種類や量を調節する必要があります。
飼料は長年の養殖経験のもと、敦賀ふぐ用の「オリジナル飼料」を使用しています。

またトラフグの歯は非常に鋭く、フグ同士傷つけ合ってしまうので、
稚魚がある程度成長した段階で歯をカットする作業も必要になってきます。
イケスで泳いでいる1万匹近いフグの歯をカットするのは気の遠くなる作業です。
様々な過程を経て、大きくなった若狭ふぐを是非、ご賞味くださいませ。


なかい主人が真心を込めて育てた若狭ふぐをご紹介!

Q. とらふぐイケスはどこにあるの?

若狭ふぐ

なかい前の浜から船で約3分のところにイケスがあります。とても水のきれいなところです。

Q. だれが育てているの?

若狭ふぐ

私が若狭ふぐ生産者のなかいです。
厨房で包丁も握っています。

なかいにやってくるトラフグの赤ちゃん

なかいにやってくるトラフグの赤ちゃん

5月頃、なかいのイケスに到着します。

福を呼び込むとも言われているフグ

福を呼び込むとも言われているフグ

なかなか可愛い顔をしていますよ。

Q. トラフグの食べ頃は?

写真

10月半ば頃から市場に出荷していきます。
一年中食べられるトラフグですが、
なかいでは、10月頃から美味しい季節です。

注目されている若狭ふぐ(敦賀ふぐ)

新聞記事

朝日新聞で紹介していただきました。
Copyright(c) 2011 Sakana-Nakai All Rights Reserved.